●スポンサードリンク●

2014年10月16日

大型犬を自宅で楽にシャンプーするには?

「ウェットスーツ」「合成セーム革」「ブロアー」が
三種の神器!

今年の夏は2週間に1度くらい川へ行った。
おもに栃木県の那珂川と静岡県の気田川だ。

2.jpg

以前紹介した3人乗りカヌー「ハドソン」は買い替えてしまった。
中に入った水を排出させるセルフベイラーが無いため、
荒波を乗り越えたり、水中に飛び込んでは乗り込む我が家の使い方では、どんどん水が溜まり沈みそうになるからだ。
やはり湖用ということだろう。

そこで、
・セルフベイラー付き
・サイズ的に3人でも乗れる(2人乗り仕様でも)
・10万円以下
という条件で探して購入したのがコイツだ。
1.jpg

ネイチャーバウンドのドドコシ。
http://store.clearwaterkayaks.com/?pid=19782902

息子はこれでこころおきなく泳げると大喜び。
(うそです。バーニーズマウンテンドッグですから)

3.jpg

4.jpg

川で遊ぶのは本当に楽しい。
何より「自由」を満喫できる。
現在は28年続けているサーフィンより熱中している。

だが、ひとつ難点が。

帰宅後に息子を洗わなくてはならないのだもうやだ〜(悲しい顔)

思いっきり遊び、渋滞を乗り越えてからの洗犬は本当につらい。
だからといってお店にお願いすれば1万円以上かかる。
トリミングなしのシャンプーだけでだ。
この金額を月に2回支払うのは無理。

幸い我が家の庭にはワンコの洗い場が設けてある。
shukushou.jpg


さらに楽に大型犬を洗えないものかと便利グッズを探して見つけたのがこれだ。

1.ウェットスーツ
お湯が使えるとはいえ、外で洗うので夏場以外は寒い。
しかも大型犬が「ブルブルっ!」する際にかかる水しぶきは大量。
だからウェットスーツは必須。
真夏でも冷たい川によく行くので、
そこでも使えるように「半袖・長ズボン」のシーガルタイプがいい。
ブランド物は5・6万円するが、
ノーブランドの1万円前後のもので十分だ。




2.合成セーム革
以前は通常のバスタオルを使用していた。
しかし、水分の吸収は悪いは、
絞りにくいは、で非常に不便だった。
この話をドッグショーで出会った人にすると、
「うちはクルマの洗車用の合成セーム革を使ってますよ」
とのこと。
早速大判の物を探して使ってみたら、
・ぐいぐい水を吸う
・簡単に絞れて何度でも使える
でかなり便利。




3.ブロアー
ブロアーとは通常のドライヤーとは違い、
濡れた毛を乾かすのではなく、
強力な風力で
水分を吹き飛ばす
道具だ。
トリミング店やブリーダーでは当たり前に使われているが、
素人が購入するには高額。
有名な「ペッカリー」製だと7万円以上する。
ノーブランド品で3万円前後のものがあるにはあるが、
どれもパワー不足のようだし、信頼度に欠けていた。
そんな中で見つけたのが
メガブロー。
調べたところ3万円前後ではピカイチの性能。
なにが違うかというと、
・パワーがある
・風量の無段階調節が可能
・温風も出せる
実際に体重40sの息子に使用したところ、
約15分で9割、約30分でほぼ完全に乾かすことができた。



ちなみにシャンプーは面倒なのでリンスインタイプのものを使用している。
今までアイリスオオヤマのような安価なものから、
ココシャンといったちょっぴり高価はものまで7・8種類使ってきた。
しかし、安価なものは香りの持続が2・3日と短いうえに、
毛艶がよくならず、
若干高価なものは「10倍まで希釈OK」といったように、

薄めて使えるのがメリットで選んでいるのに、
実際には3倍でも泡立たないものがほとんどだった。
そこでたどり着いたのが
自然流
だ。
これは3倍まで薄めても泡立つし、
香りのもちもいい。
一回の使用量はべらぼうに多い大型犬には向くと思う。



ということで大型犬に対して月に2回のシャンプーが必須の我が家にとって、
「ウェットスーツ」「合成セーム革」「ブロアー」
は三種の神器なのでした。
●スポンサードリンク●

外国為替取引を始める前に知っておいた方がいいこと
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。