●スポンサードリンク●

2014年02月27日

犬連れスノートレッキングat富士見パノラマリゾート(登頂編)

絶景&駆け抜ける喜びに我を忘れる

富士見パノラマリーゾートのスノートレッキングコースは、
途中から雪深く、狭い道となった。

24.jpg

*後から地図を見ると、ほかのコースもあるようだが、当日はよく分からなかった。

25.jpg

「ザクッ、ザクッ、ザクッ」
静まり返った山間に雪を踏む音だけが聞こえる。
このような状態が10分程度続いた。

「そろそろ飽きたな〜」
と思い始めた頃、いきなり視界が開けた。


26.jpg

ドカーンと広大な斜面。
ここも元はスキーコースなのかもしれない。

「これを登るのか!?」
と、ちょっと怖気づいてしまったが、
斜面には砂粒のような人が見える。

ちょうど登り始める場所で、
5〜6人のグループがコンロに火をつけ、
鍋をしていたので、頂上までの時間を聞いてみたところ、
30分くらいとのことだった。

あとそれくらいなら、楽勝でしょ。
と、歩みを速めた。

27.jpg

しかし、なかなか進まない。
新雪が深くて、スノーシューが一歩一歩20センチくらい沈む。
それに標高が高いからか、すぐに息が苦しくなる。
50メートル進んでは、立ち止まるというペースを繰り返した。

そんなときにもう一つの災難ががく〜(落胆した顔)
歩を進めようとすると、
たびたび後ろ足に
「ガツンっ!」
と衝撃が走るのだ。

「なななな、なんだ!?」
と振り向くとこの様子↓。

28.jpg

スノーシューを履くことなく、
まして人間より小さい息子の足は、
より新雪に沈みやすい。

「これは歩きづらい」
と思った息子は、
前を歩く私たちのスノーシューを踏んづけることで、
快適な歩行を実現しようとするのだもうやだ〜(悲しい顔)

やられる方としては、なかなか先に進めない。
そのたびにゲンコパンチを与え、
山頂を目指した。

そんなこんなで快晴のこの日。
目には頂と青空の境目が良く見える。
しかし、それがどうにも近づいて来ない。

途中、小学校低学年と思われる女の子を連れた家族が、
下山してきたので、頂上までの時間を聞いた。

「30分くらいですよ〜」

登る前に聞いた時間と同じ。
プッツリと緊張の糸が切れたので、
小休止を取ることにした。


29.jpg

おやつはたっぷり持参。
特に取引先からいただいた沖縄土産の黒糖菓子の甘さは、
お疲れ気味の身体に染みた。


30.jpg


息子には昼食兼用の犬用パン。
31.jpg

大好物だし、
腹が膨れるし、
で、我が家の犬連れアウトドアでは必需品だ。





噛む音を聞いたら、
「シャリシャリ」
といっていた。
凍っていたらしい。

全員元気を取り戻し、
雪中登山開始。

これくらい↓の斜面でも、
スノーシューがあればまったく滑ることなく登れた。

32.jpg


あと、一息でゴール。
ダッシュで駆け上がる。

33.jpg

そして、そこに現れたのは・・・?




目




がく〜(落胆した顔)




exclamation&question





犬





ぴかぴか(新しい)


34.jpg


360°の大パノラマだった。


35.jpg
↑これが八ヶ岳(多分)。

この日はじめて八ヶ岳が1つの山頂ではなく、
八つが連なったものと知った。

自分としては、かなり
「へぇ〜!」
だったが、結構だれでも知っていることらしい。

そして、こちらが富士山↓

36.jpg

富士見パノラマリゾートの名に恥じぬ、
堂々とした景観だ。


37.jpg




入笠山の標高は1955メートル。

37-1.jpg
↑スマホアプリでは多少誤差があった。

この時点でスタートから1時間40分だった。

山頂でおにぎりとビールを楽しみ、
20分後出発。

人生最高クラスの絶景に大興奮状態だったが、
この後、その興奮は倍増することになる。

帰路は当然下りとなる。
私は「これは楽チン」
と、多少駆け足で歩を進めた。

するといきなり、

すってんころりん

同時に、


スルスルスルーーーーーーっ!


尻もちと同時に数十メートルも滑り落ちてしまった。

「あっちゃー、かっこ悪いところを見せてしまった」

と、後ろを振り向くと、

息子が私の尻もち跡を利用し、
滑り台のように降りてくる。
(嫁も)


39.jpg


38.jpg

40.jpg

息子よ。
お前はカヌー犬のセンスはない↓けど、

http://dog.iehikaku.com/article/370537539.html
スキー犬ならイケるね!

この後は、全員で数百メートルの新雪の斜面を、
尻もち状態で滑りまくり。

新雪を、

しゅわしゅわしゅわーーーーーっ!

と、かき分けながら、

スルスルスルーーーーーっ!

と、降りる感覚がたまらない。

スノーボードよりも顔に雪が近い分、
迫力があるのだ。

興奮を通り越して有頂天。

全身真っ白になりながら、
遊んでしまった。

41.jpg


こんな感じなので、
登りに1時間40分費やしたが、
下りは1時間だった。

合計約3時間。
約5kmの道のりでした。

43.jpg

息子は無料バス乗り場で、
バタンきゅ〜。

44.jpg



次回はぜったいソリ持参で行きます。



ちなみにスノーシューも2セット買ってしまった。
これでレンタルの有無を気にせずスノートレッキングの場所を選べる。
送料無料で1セット5000円以下↓なら文句はない。



おわり



★犬用品売れ筋ランキングはこちら!★
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
●スポンサードリンク●

外国為替取引を始める前に知っておいた方がいいこと
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。