●スポンサードリンク●

2015年01月09日

大型犬とスノーシュー!atマウントジーンズ那須

ゴンドラ代4230円は痛い・・・・・・。


年末に嫁、息子(バーニズマウンテンドッグ)とスノーシューへ行った。
目的地は群馬県の浅間高原を予定していたが、
前日の天気予報が

曇り&気温−6℃
ということで急きょ
晴天&気温+6℃
の栃木県の那須に変更。
スキー場でもあるマウントジーンズ那須へ向かった。
「スノーシュー 眺望 栃木県」
で検索すると、このエリアがトップに表示されるからだ。

ネックとしてはスタート地点に行くのにゴンドラ代がかかる。
だが、年に数回しか行かないので
絶対失敗したくなかったのだ。

途中、はじめて装着するタイヤチェーンに、
四苦八苦しながらやっとたどり着いたマウントジーンズ那須。
四苦八苦の様子はこちら↓
http://menchi-yo.blog.so-net.ne.jp/2015-01-09

スキー場として有名なスポットだが、
駐車場から山頂へと上がるゴンドラには、
ワンコも乗車可能。
山頂はゲレンデ裏のスノートレッキングコースにつながっているのだ。

ゴンドラの料金は、

大人もワンコも同一料金で往復1410円。

6-1.jpg

3人分で4230円。
ただ雪山を歩くだけとしては、
かなりの出費だが、
スノーシューはお天気と眺望が命。
仕方がないと自分に言い聞かせ、
標高950mから1410mまで一気に運んでもらった。

6.JPG


結構長い時間乗る。
たぶん10分以上だろう。

その間風で揺れる。
安全のためか途中何度か止まった。

7.JPG
ビビる息子。
地震や花火の音などにめっぽう弱い。

山頂に到着すると、

ぼぼぼーーーーーーーーーーっ!

という地鳴りのような音が耳に突き刺さってくる。

「もしや!?」がく〜(落胆した顔)
気づかないふりをしてスノーシューを装着した。
11.jpg

こいつは楽天で購入。
お値段は約6000円。

はじめてスノーシューをしたときは、
レンタルでブランド物の2万円くらいの製品を使用したが、
その違いが全然分からない。
6000円で十分だ。



さて、準備を整え、

ゴンドラの建物から1歩踏み出すと、

目


目


目


目


犬


8.JPG






びゅびゅびゅびゅーーーーーーっ!



推定風速20メートル。
まったく目が開けられない。
しかも場内放送によると
気温はマイナス2℃。

息子を盾に進もうとしたが・・・・・・、





9.JPG


この状態。

3歩進んだところで、
ベテラン山男風監視員のおじさんが、
くしゃくしゃの顔でダッシュしてきた。

「今からスタートですよね?
ここから先は、もっと視界が悪くなります。
無理をしないで、ダメだと思ったら早めに帰ってきてください」

「これから風が止むかって?
いや〜、きょうは一日中この状態ですよ」



exclamation&question   exclamation&question   exclamation&question   exclamation&question   exclamation&question





だったらゴンドラに乗る前に教えてよ
パンチ




と、いうことで今回のスノーシューは、

3歩で撤退。

ゴンドラ代
4230円
駐車場代
1000円
合計5230円
という勉強代で、

「スノーシューは天気だけでなく、
風速も調べてから出かける」

ということを学びました。


が、しかし、やはりこのままでは帰れない。

今回予定していたコースは3時間だが、
せめて1時間は歩きたい。

そしてこの時点で時刻は11時40分。
なんとかおいしくランチをいただける、
絶景スポットに行きたい。

山を下り、
ipadを駆使して、ほかのコースを探し回ること約1時間。
だが、どこも激烈強風地帯。

そこであることに気づいた。

「マウントジーンズの手前10分間は、
全然風が弱かったぞ」

最後の賭けということで、
再度マウントジーンズに戻りながら、
トレッキングコースを探した。

すると、途中の道路脇の斜面に人の足跡がついているではないかわーい(嬉しい顔)

ここだ。
10.jpg


那須自然研究路。
本来は野鳥や樹木を観察する研究路のようだが、
冬季はスノーシューのコースになっているようだ。

国民休暇村野営場まで1.5kmということは、
往復で3km。
「スノーシューやりました感」をギリギリ味わえる、
遅いスタートにはちょうどいい距離だ。
しかも、山に囲まれた地形で風は弱い。


大至急出発ぴかぴか(新しい)


12.JPG

息子は喜んで駆け上がり、

13.JPG

私たちは低木のトンネルが作る影と、
真っ白な雪とのコントラストにうっとりしながら進んでいった。


すると突然視界が開けた。

14.JPG

正面にそびえるのは、たぶん茶臼岳(1915m)。

ここでおにぎり&ビールのランチをいただき、
さらに400mほどすすんだ休暇村の広場からUターン。

距離はぴったり3km。
15.jpg

一時は「人生最高値のドライブをしてしまうのか!?」とヒヤヒヤしたが、
なんとか今シーズン初のスノーシューを味わえました。


★犬用品売れ筋ランキングはこちら!★
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
●スポンサードリンク●

外国為替取引を始める前に知っておいた方がいいこと
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。