●スポンサードリンク●

2016年02月12日

最強の大型犬用の雪ブーツを手に入れました!

これは脱げない! 滑らない!

2年程前から息子(バーニーズマウンテンドッグ)とスノートレッキングを楽しんでいる。

20160131_053316000_iOS.jpg
20160131_053319000_iOS.jpg20160131_053325000_iOS.jpg

今年はすでに次のような山に行った。

・蓼科山
・大幽洞窟
・赤城山
・八ヶ岳

八ヶ岳ではついに2500mをオーバーしたので、
トレッキングというよりは登山といえるかもしれない。

IMG_4761.JPG

道具はスノーシューだけでなく、
ヒップソリやアイゼンなど結構揃えたが、


どうしても納得できないモノがあった。

それは息子用のブーツだ。

1.JPG

こいつはカナダ製で、
アメリカの9.11の時にがれきの中で救助犬が履いた非常に頑丈なヤツ、
ということで購入した。

でもこの通り、
縫い目から破けまくり。

しかも、マジックテープのベルトが外れて、
すぐに脱げて失くしてしまう。

さらにジャストサイズ(L)では、
入り口が小さくて履かせにくいのなんの。

なので1つ失くした時点で、
予備のXLを購入したが、
2シーズンで合計8足が3足にまで減ってしまった。

ボロい、脱げる

2拍子揃ったのでもう買わない!

と次の商品を探していた。

そこで見つけたのがこいつだ↓



ラフウェアのポーラートレックス。

登山用品店のモンベルにあった。
同店の商品はどれも高性能なのに低価格。
買って失敗したことは一度もない。

このブーツは1万2000円なので、
競合品と比べると高額だが、
モンベルにあるのなら費用対効果は間違いないだろう。

なんてったって靴底は登山靴などで有名なイタリアのビブラム社製。
しかも凍った雪でも滑りにくいようにスタッドレスタイヤと同じ技術でつくっている。
これは迷うことはない。

が、しかし。
サイズが「L」しか無い。

しかも全国で北海道にしかなく、
取り寄せだという。

サイズ表で確認すると、
息子の足はLとXLの中間。
ならば履かせやすいXLがいい・・・・・・。

仕方なく楽天で検索すると、
少ないものの何店かが扱っていた。

そのなかの1店で購入。
(ちなみにネットといえども、どこも定価販売だった)

2.JPG

試着しなかったので、
若干心配だったが前商品とほぼ同じサイズ。

3.JPG


履かせてみると、
多少余裕があるものの、
違和感があるほどではない。

4.JPG

残る問題は、
脱げやすさと耐久性。

このブーツは、入り口のゴムひもで雪の侵入を防ぎ、
足首付近のベルトでがっちり固定する構造。


5.JPG

ところが何度か試着させると、
足首のベルトがゆるみやすいことが判明。

これで山に行ったら1万2000円を落としに行くようなもの。
どうするか・・・・・・?

家中の引き出しをかき分け、
考え出したのが、
100均で購入した園芸などで利用する結束バンドを使う方法。

6.JPG



こいつでベルトをロックするバックルを固定する。

7.JPG


この方法で履かせて、
思いっきり引っぱってみた。

キャイーン!
キャイーン!
キャイ〜〜ン!

イケそうな手応えだ。

早速八ヶ岳方面へ行ってきた。

IMG_4837.JPG
(標高2500mの北八ヶ岳。このときは、さすがのマウンテンドッグもクルマでお留守番)

8.JPG

ブーツを履かせると、息子は先頭に立ってグイグイ登って行った。
10歳とはいえ、さすがマウンテンドッグ。

我々が超高速ヒップソリで下る坂道も、

とっとことーーーっ!

とついてくる。
ぜんぜん滑る気配なし。

9.jpg

10.jpg

トータル6kmほどの行程だったが、
脱げない、破れない
でまったく問題なし。

ラフウェアのポーラートレックス

冬山登山に合格です!





★犬用品売れ筋ランキングはこちら!★
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
●スポンサードリンク●

外国為替取引を始める前に知っておいた方がいいこと
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。